必見!通販と出荷作業の流れ

注文が入った商品をピックアップする

通販で注文が入った商品は、リアルタイムで在庫に反映されているのが特徴です。注文が確定した段階で、倉庫内にある商品を順番にピックアップしていきます。商品はすべてコードで管理されていて、専用の端末を使いながら作業を進めていくのが一般的です。注文書をスキャンすることで、商品の場所もすぐ端末に表示されます。最短で確保できるルートが案内されるため、場所が分からないといった心配もありません。商品を見つけたら在庫を確認し、間違いがなければスキャンを行い確保します。台車やカートを使って移動しており、重い商品でもスムーズにピックアップできる仕組みです。注文ごとに商品を集めたら、次に梱包のラインへ渡していきます。

検品が終わったら商品を梱包する

ピックアップされた商品は、検品が終わり次第すぐに梱包していく流れです。ダンボールや封筒など、商品によって梱包材は使い分けられています。宅配便やメール便といった配送方法が指定されている場合も多いです。基本的に商品の梱包は外部からの衝撃を抑える緩衝材を使用します。形を崩さないのはもちろん、商品にテープを直接貼り付けないなどの配慮も大事です。スピード感を求められる作業ですが、商品を傷つけないよう注意しながら行われています。最後に納品書を確認し、梱包した商品に間違いがなければ梱包は完了です。出荷用のラベルを貼り集荷が来るまで指定された場所へ保管しておきます。運送会社へ引き渡したら出荷作業は終わりです。